更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 08

【  2014年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

例えば、美しい春の月明かりのような グラーツ編

Breve Intermedi(短編・再会後)

2014.07.14 (Mon)

  韓国でルミがイドゥンと図書館やアパートでそれぞれの課題に取り組んだその日、カン・マエはウィーンの南、オーストリア第二の都市グラーツに滞在していた。 グラーツユーゲント管弦楽団のコンサートに招かれ、その翌日は楽団の理事や常任指揮者たちと会議が予定されていた。彼は客演指揮者として契約を結んでいて、曲目やソリストの選定などを話し合う必要があった。...全文を読む

「例えば、美しい春の月明かりのような」の続き、グラーツ編について

note

2014.07.12 (Sat)

  こんばんはー。 台風が過ぎましたが、影響はなかったでしょうか。こちらは無事にすぎました。 影響のありました方には、お見舞い申し上げます。 今日は満月ですね。先月うっかりしていたので、今月は今日を目指して書いていました。 一応書いた、という感じですがこれではいろいろ穴がありそう、少し寝かしておきます。 話としては前回の続きになるので、ラクでした。 明日は難しいかもしれませんが、2、3日中にアップで...全文を読む

七夕であり。+ コメント返礼

お礼

2014.07.07 (Mon)

 今日はグスタフ・マーラーさんのお誕生日なのね、ツイッターで知りました。なんかこのごろ余談ばかりのこのブログに来て下さって、ありがとうございます。ご期待に添えているとはとても思えません、それにもかかわらずお付き合い下さいますこと、とても嬉しく感謝しています。...全文を読む

例えば、美しい春の月明かりのような

Breve Intermedi(短編・再会後)

2014.07.02 (Wed)

  トゥ・ルミとハ・イドゥンは、ソクランの街の中心から離れたところにある図書館に来て、机に座ってそれぞれテキストを開いていた。    カン・マエがルミを日の出の丘へ迎えに行ってからほどなくして、ふたり向かい合っていた、あの図書館である。 あれから、半年ほど時間が流れている。 付き合い始めて日の浅いふたりはソクランとウィーン、離れた場所に身を置きながらもお互い想い合う日々が続いていた。 ...全文を読む

前月     2014年07月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

七海(ななみ)

Author:七海(ななみ)
「ベートーベン・ウイルス」大好き。ベバの2次創作サイトを立ち上げましたのも、カン・マエとルミのその後を思うことが、一番の癒やし、ご馳走という日々を送っているからです。元来、音楽、とくにクラシック関係のドラマや映画を好んできました。しかし、2次創作したくなるなんて、これが初めて。主演のキム・ミョンミンさんは私の中では最高の俳優さんです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。