更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 051234567891011121314151617181920212223242526272829302013 07

【  2013年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

韓国編III -〔1〕ソクラン総合病院

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.06.28 (Fri)

 お待たせしました。韓国編の続きをアップします。お楽しみください、と書きたいところですが、IIIも楽しい場面はないのですよー。そんなふうですが、よろしければお読み下さい。...全文を読む

慕情 追記あり

note

2013.06.25 (Tue)

 SSのためにここのところラフマニノフの第二番協奏曲漬けでした。カン・マエの指揮で「成功裏」に終わりましたので、しばらくぶりの曲、未知の曲を聴いています。今日たまたまFMを聴いていましたら、アルベニスのピアノ協奏曲第一番が流れていまして。初めて、しかも途中からでしたが、惹かれるものがありましたので、家へ帰って探してみました。そうしましたら、イサーク・アルベニス : ピアノ協奏曲第一番 「幻想的協奏曲」 と出...全文を読む

毎度ご訪問ありがとうございます。

お礼

2013.06.21 (Fri)

 皆様、いつもありがとうございます。ドラマの最後の場面から二人はどうなったか、気になる一人として多くのベバファンの方々と同じ夢を見て、楽しい気持ちでおります。 新たにご訪問下さる方もいらっしゃるようで、放送から5年を経てもなお人気のあるこの作品の素晴らしさを改めて感じます。 このブログで先月触れましたが、ベバの脚本が出版されまして。脚本家のホン姉妹の前書きによりますと、ドラマの結末はハッピーエンドであ...全文を読む

欧州編III -あとがき

note

2013.06.21 (Fri)

 長いお話にお付き合い下さいまして、ありがとうございます。ゆっくりした進行で、まだカン・マエはソクランを離れてそれほど時間が経っていません。しかし、移動距離は長く、自宅のあるウィーン、来季の常任に就任する楽団のあるミュンヘンから更に北へ。季節も先に進んでいて冬景色になっていました。……カン・マエは、指揮者ですからお呼びがあれば、移動するのは普通のことなんだと思います。さて、欧州編IIIでは演奏シーンがあ...全文を読む

欧州編III -〔4〕ロアール・アムンセン・ホテル

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.06.19 (Wed)

 欧州編IIIは今回で終わりです。前回長かったからという訳ではありませんが、短めになりました。原稿用紙で7枚半ほどです。前回、欧州編IIIの〔3〕に登場した曲目二つ目は、メンデルスゾーンの交響曲第四番「イタリア」。バイオリンの出だしは、イタリアの輝く太陽のようです。http://www.youtube.com/watch?v=oxWHmKeOjqQ&list=PLGblRRNiqvyKK0HluaOL3XUSQvuyqNVqrドラマでは、この曲の第二楽章をカン・マエが短い時間ですが指揮...全文を読む

欧州編III -〔3〕ノルウェー、イタリア 、ロシア

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.06.16 (Sun)

 分けるわけにもいかず、いつもより二割ほど長くなりました。お付き合いいただけましたら、幸いです。以下は、今回登場する音楽の一部です。グリーグ ペール・ギュント第一組曲より「朝の気分」http://www.youtube.com/watch?v=rlL1x57srwoグリーグ ペール・ギュント第二組曲より「ソルヴェイグの歌」http://www.youtube.com/watch?v=GbJxKe7m72Iシューベルト 四つの即興曲 作品九十、D八九九より「第三番」https://www.youtub...全文を読む

欧州編III -〔2〕トロンハイム・フィルのリハーサル室

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.06.13 (Thu)

 今回もオリジナルキャラクター、いわゆるオリキャラが登場します。場所が移動するので、新しい登場人物が必要になるということで、申し訳ありません。トロンハイム・フィルの理事エクルンドさん、六十歳。元銀行家であり、クラシック好きの妻がいます。トロンハイムの場面だけの登場予定で、話の本筋に絡むことはないです。よろしくお願いします。...全文を読む

「のだめ」千秋パパ

note

2013.06.12 (Wed)

 今日もご訪問ありがとうございます。「のだめ」をご存じない方は、ごめんなさい。また、ドラマやアニメをご覧になっていた方も、漫画を読んでいなければ千秋真一君のパパはわかりませんよね。SSの中では、ご存じなくても差支えないよう書いています。以下は、SSに直接関係ない横道妄想ですので、飛ばしていただいても一向にかまいません。興味を持たれましたら、読んでやって下さい。...全文を読む

欧州編III -〔1〕初冬のトロールハウゲン

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.06.10 (Mon)

 欧州編IIIは、北欧の早い冬の場面です。韓国や日本はまだ晩秋という感じでしょう。「再会へ」のお話も、中盤にさしかかってきました。...全文を読む

NHKのクラシック番組から

note

2013.06.08 (Sat)

 いつもご訪問ありがとうございます。今日も大変暑くなりまして。またまた日本の夏がめぐってきましたね~。今日は炎天下のなか潮干狩りでした。貝も暑くてへたばりそうな感じです。貝のようにならないためにも、私はせめて涼しい音楽でも聞いて、今書いている北欧・ノルウェーの冬の気分をひたすら妄想しております。らららクラシック  今日の夜放送があります。(再放送月曜)嬉しいですね、今日はショパンです。私が高校生のとき...全文を読む

毎度ご訪問ありがとうございます。

お礼

2013.06.04 (Tue)

 長編は辛い場面ばかりで、しかも冬が近づく季節。想像するのも難しい季節になりました。読んでいただく方には、申し訳ない思いです。さらに拍手もありがとうございます。根気のない私には、何より助けになります。ひとつの章が終わったところで、カン・マエ編の前に書いたものを読み直しております。前のほうを変えたため、やはり書き直しするところがありますので、少し時間をかけたいと思います。妄想は楽しいです。どんどん広が...全文を読む

韓国編 II を終えて

note

2013.06.03 (Mon)

 甘さの全くないストーリーが続いています。それにもかかわらずお付き合い下さいまして、本当にありがとうございます。このたびはチップ様に助けていただきました。この章が終われたのも、チップ様のおかげです。ありがとうございました。このサイトの本編ともいうべき再会へのお話を早く書き終えて、甘々を書きたいと切望しています。書いていくうちにイメージが広がって楽しいことも多いですが、なにせ、甘味はありません。。。今...全文を読む

韓国編 II -〔5〕トゥ家の食卓

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.06.02 (Sun)

 韓国編Ⅱの最後の回です。今回のオリジナルキャラクターは三人。すでにこの章の前に書きましたが、つけたし。長くなりましたし、知らなくても大丈夫なことばかりですので、後で読んでも飛ばしていただいても一向に構いません。ルミの姉の夫、リュ・シウォン(前に載せたときと名前が変わっています)。この人は、はっきりしたモデルがいます。仕事の中で出会った方で、大学でスケールの大きな理系のある分野の教授をしていらっしゃい...全文を読む

前月     2013年06月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

七海(ななみ)

Author:七海(ななみ)
「ベートーベン・ウイルス」大好き。ベバの2次創作サイトを立ち上げましたのも、カン・マエとルミのその後を思うことが、一番の癒やし、ご馳走という日々を送っているからです。元来、音楽、とくにクラシック関係のドラマや映画を好んできました。しかし、2次創作したくなるなんて、これが初めて。主演のキム・ミョンミンさんは私の中では最高の俳優さんです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。