更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05

【  2013年04月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

欧州編 II -〔3〕ザルツブルグの思い出

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.30 (Tue)

 今回の回想の舞台、ザルツブルグ。私、オーストリアで行ったことがあるのは、ここだけ。行ったというよりもイタリアからミュンヘンへ行く途中に立ち寄っただけで、あまり印象がないのです、残念。本当はザルツブルグ音楽祭に行きたかったのですが、チケットが取れず。ヨーロッパ体験はそのときの三週間が全てで、ほとんど美術館巡りでした。コンサートは値が張ると、だから大きな音楽祭にひとつだけ、と思ったのですが。今なら、そ...全文を読む

欧州編 II -〔2〕インターシティエクスプレス

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.27 (Sat)

 甘々のお話は、いつのことかどんどん遠のいていく感じです。それでもご愛読下さる皆様、ありがとうございます。書きながら、ヨーロッパを旅行したときを思い出しました。都市間の移動はほとんど鉄道でしたが、オーストリアはバスでザルツブルグへ立ち寄りました。国境はいつの間にか、またいでるという感じ。パスポートの提示を求められたことは、一回ぐらいだったと思います。...全文を読む

欧州編 II -〔1〕リングシュトラーセ あとがき

note

2013.04.26 (Fri)

 今日もご訪問ありがとうございます。だいぶ懸案が片付いてきたことと、春の陽気のせいもあるのかな、昨晩のランニングは久々楽しい妄想が浮かんできました。それはそれとして、いずれ形にできたらないいなと思っています。もう、そういう着想だけがどんどん溜まって。今、書くに書けなくて着想に勢いがあるうちに書きあげたくもあり、困っています。長いお話を早く進めたい理由はここにもあります。両方やる器用さが私にはないので...全文を読む

欧州編 II -〔1〕リングシュトラーセ

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.24 (Wed)

 お待たせしました。Iの韓国編を直していたら、ほかのところも気になりだして、手を入れています。更新がゆっくりになりますが、お付き合いいただければ幸いです。...全文を読む

今晩9時ごろ、IIに入ります

note

2013.04.24 (Wed)

 今日もご訪問ありがとうございます。更新ないままで、来ていただくのはとても申し訳なく、また、待っていて下さること、感謝しています。欧州編II-〔1〕ですね、今細々とチェックしているところです。すっかり間が空いてしまってすみません。やっと片付けねばならない用事や気を揉むことが、減ってきました。もう、四月も下旬にさしかかっていますものね。長女は新しい生活に慣れてきたようで、少しほっとしています。心配するの...全文を読む

IIのアップ、もう少し後になります

note

2013.04.19 (Fri)

 今日は、冷え込みますね。寒いのが苦手なので、厭ですわ~ちょっと、このところ仕事や子どもの用事がたてこんで長編の続きを仕上げる時間が取れません。すみません、Ⅱのアップまで少しお待ちください。会社のシステム変更で、時間内に作業することもちょっと今無理でして。よろしくお願いします。...全文を読む

第二楽章

note

2013.04.16 (Tue)

 新しいドラマのご案内です。この「第二楽章」はクラシックの演奏シーンがたくさん出てきそうなドラマ、今晩10時からNHKで放映されますね。ちょっと楽しみにしていて、録画セットしました。ちょうど私が走る時間にかぶっています。主演のバイオリニスト役の羽田美智子さんは、三上博史さんがカン・マエのように強硬な指揮者を演じた「それが答えだ!」でもヒロイン役をしていました。ベバの記事をいろいろ読んでいたときに知っ...全文を読む

ご訪問、拍手、コメントありがとうございます 4月16日

お礼

2013.04.16 (Tue)

 皆様のご愛読に支えられまして、筆の乗りにくい場面ですが頑張って書いております。拍手、コメント、ご多忙の中ですのに、ありがとうございます。昨夜のランニングは、今回のお話にあまり出てこないリトル・ゴヌのその後が頭のなかに展開して、またつらい「今」から逃げました。だいぶ時間が経って、リトル・ゴヌと彼女(妻かも)、カン・マエとルミの四人で会う場面など。リトル・ゴヌの彼女はかなり個性的だったら面白いな〜と。今...全文を読む

韓国編 I -〔3〕ソクラン音楽大学

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.15 (Mon)

 今回のお話に出てくるソ教授は、ドラマでルミが聴講している作曲の先生です。対旋律のところでは、カン・マエとルミの関係を知っているようなことを言っていましたね。韓国編Iは今回で終わり、次回は欧州編IIになります。...全文を読む

つらい場面

note

2013.04.14 (Sun)

 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。今日はちょっと、実生活で気を揉むことがありまして。同時に。この「再会へ」はつらい場面が続くところにきていまして、構成を変えたためにいろいろと書き直しておりまして。それも、やはり考えるのがつらいのでこれまであまり練られていなかったために、こういう事態になって自業自得なのですが。そして必要があって、ドラマの13回を見ていましたが……。ルミが目覚めたらすっかり聴力...全文を読む

韓国編 I -〔2〕目抜き通りのカフェ

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.13 (Sat)

 今回は女性がたくさん登場します。マウスフィルのメンバーです。ドラマを見ていると、オーケストラですから、たくさん演奏者が登場しています。今回は、若い女性ばかり賑やかに登場させたくて、ですね。最初は○○奏者とだけ書いていましたが、やはり名前があったほうが簡明かと思いまして名づけました。ヴィオラ奏者   ナム・サンミ、三十代後半。既婚者。フルート奏者   ソ・イヒョン、三十才ぐらい。クラリネット奏者 ハン...全文を読む

ミュンヘン・フィル

note

2013.04.12 (Fri)

 いつもご訪問、ありがとうございます。今、韓国編Iのふたつめのアップを準備しています。ルミのほうのお話は、これまであまり練られていなかったせいか、気になるところばかりで、Ⅰの構成から変えています。趣旨は同じですが。少しだけと思ったら、はやりそうはいかないものです。本当に面白いと思いますのは、ドラマの続きは元々はなかったもので、考えてさもあったかのように想像を広げていくのですが、アップしはじめるとその...全文を読む

韓国編 I -〔1〕ソクランの自室 

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.10 (Wed)

 韓国編一回目です。長いお話、しかも甘さのない場面が続きますが、お付き合いくださり、ありがとうございます。もう今日は私が耐えられず、頭は春色妄想で逃避していました。それら楽しいお話を沢山書くためにも、長いお話を進めないと、と思います。今回のお話に少し出てくるクラシックは、リムスキー=コルサコフ「シェヘラザード」です。http://www.youtube.com/watch?v=SQNymNaTr-Y...全文を読む

欧州編 I -〔3〕遠ざかるソクラン

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.07 (Sun)

 欧州編 I は今回で終わりです。まだまだ、先は長いです。よろしくお願いします。...全文を読む

ご訪問、拍手、コメントありがとうございます 4月6日

お礼

2013.04.06 (Sat)

 新しい年度になり、イレギュラーな予定が入ったり家族の予定もあったりで、なかなか調子よくアップできませんが、なんとか書いております。忙しさよりも仕上げは楽しいので、どうしてもゆっくりになりがちです。更に、新しい資料を見つけると作業が止まります。ネットで作曲家について調べられたり、書かれた本の抜粋を読むことができるのは本当に便利です。それで、ネットサーフィンしはじめると、時間の経つのを忘れそうになりま...全文を読む

NHKのクラシック番組

note

2013.04.05 (Fri)

 今日もご訪問ありがとうございます。今回は、NHKのEテレで楽しめるクラシックの番組について書きます。4月6日のトピックもありますので、急ぎました。らららクラシックが土曜の夜9時半から30分番組になりますね。第一回は4月6日ということで、明日から。毎回親しまれている名曲を掘り下げるようです。初回はビバルディの「四季」。詳しくは↓http://www.nhk.or.jp/classic-blog/100/150782.htmlhttp://www.nhk.or.jp/lal...全文を読む

欧州編 I -〔2〕ウィーンへ

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.04 (Thu)

 お待たせしました、二回目です。いざ、アップとなると気になりだすところがありまして。細々書き直しておりました。カン・マエの若い頃の回想場面では、カン・ゴヌとなっているところがあります。弟子のゴヌはあまり登場しませんが、出てくるときは必ず「弟子」「リトル」とつけますので、よろしくお願いします。...全文を読む

明日は入学式

note

2013.04.04 (Thu)

 今日もご訪問ありがとうございます。明日は長女の学校の入学式。今日はクラス分けテストがあるので、学校までの道順を教えるために付き添いました。同じ学校に先生の補佐で働いている義姉も同じ時間に出勤で、ちょうどいいから一緒にランチをしました。テストの受付で私、学生と間違えられました、一瞬ですが!って、まあ、こういう場に親がついていくのも珍しいっていうか、ないですよね普通。娘はずっとこの街にいなかったので、...全文を読む

欧州編 I -〔1〕仁川国際空港

再会へ(長編・ドラマ直後)

2013.04.01 (Mon)

 2008年11月中ごろの晴れた日。市民公園での第九の演奏会翌日からお話は始まります。のだめでは、二回も演奏シーンがありましたラフマニノフのピアノ協奏曲が早速出てきます。↓「手」の動きがよくわかるものを選んでみました。http://www.youtube.com/watch?v=f3c8Vj87JDc↓ランラン。こちらも手の動きを見ることができます。「のだめ」の映画では、ラベルとショパンのピアノ協奏曲の吹き替え演奏をしましたね。http://www.you...全文を読む

お知らせ

note

2013.04.01 (Mon)

 新年度になりました!おはようございます。気持ちのよい朝ですね。娘たちも元気に帰ってきました。第一回のアップは夜9時ごろになります。申し訳ありません、もう少々お待ちください。...全文を読む

ご訪問、拍手、拍手コメントありがとうございます 3月31日 

お礼

2013.04.01 (Mon)

 いつも私の不慣れな文章を読んで下さいまして、ありがとうございます。娘たちはあるイベントに参加するため、31日は家におりません。次女の付き添いを長女が買って出てくれたため、私は家にいることができ、明日からの準備に時間を使うことができました。こちらも桜が満開で、いつもは明るい商店街ある幹線道路をルートにしていますが、昨日と本日は桜のあるところを選んで走りました。昨晩は桜を見ながら箱根妄想しながら走りま...全文を読む

前月     2013年04月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

七海(ななみ)

Author:七海(ななみ)
「ベートーベン・ウイルス」大好き。ベバの2次創作サイトを立ち上げましたのも、カン・マエとルミのその後を思うことが、一番の癒やし、ご馳走という日々を送っているからです。元来、音楽、とくにクラシック関係のドラマや映画を好んできました。しかし、2次創作したくなるなんて、これが初めて。主演のキム・ミョンミンさんは私の中では最高の俳優さんです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。